テレビ

事務所を選んで応募する

タレントオーディションに受かるためには各事務所が求めている人材の方向性を見極めることが大切です。自分の方向性に合う事務所を探し出すことで、効率的に合格をもらえるのです。またオーディションに臨む際は、社会人としてのマナーを守りつつ個性化された自己PRをしましょう。

子供

子供の可能性をのばす

子役になるには事務所に入ってから出演オーディションに応募するのがオーソドックスな形です。事務所にも様々なところがあるので、費用、所属する子役、活躍の仕方、レッスンのサポート、事務所の場所などを総合的に勘案して選びましょう。

フィルム

イベントを盛り上げたい時

イベントを盛り上げたい、セミナーを成功させたいなど、有名人や著名人を呼んで集客を図り、盛大に行いたいときにはキャスティング会社に相談しましょう。イベントにマッチしたキャストの選定はもちろん、主催団体だけでは交渉が難しい方や呼ぶのが難しいと思っていたキャストさえ、呼ぶことが期待できます。

女性

夢を目指して行動する

タレントのオーディションにチャレンジする前に、まずは髪型や服装など最低限の身だしなみを整えましょう。その後希望する期間にオーディションを開催している芸能プロダクションに書類を送ります。ネットや郵送で送った書類が合格したら、面接のオーディションに進めるのです。

女の子

受けるだけなら無料

子役のオーディションを受けるだけなら無料ですが、合格してからは費用がかかります。事務所への登録料やレッスン料、交通費などが発生するのです。また、契約更新料も毎年のように発生するため、何十万円、100万円以上の年間料を想定しておきましょう。

キャスト会社の概要と特徴

キャスティング

知っておくべき特徴

芸能界で成功するためには、テレビやラジオ等のマスメディアにおける露出を増やし、一般視聴者からの認知度を上げる必要があります。露出が増えて認知度が高まれば、広告効果も高くなるためテレビ局やラジオ局も好んで起用するようになり、ギャラの向上も期待できます。逆に露出を増やせず認知度が高まらなければ、芸能界で成功するのは難しいと言えます。このように芸能界で成功するためにはテレビやラジオ等のマスメディアにおける露出を増やす事が必要不可欠ですが、それを実現する上で重要な鍵となってくるのがキャスティング会社との関係です。キャスティング会社はテレビ番組やラジオ番組の制作を行うメディア企業からの依頼を受けて、番組を構成する上で不可欠となるキャスト(出演者)の手配を行う会社です。キャスティング会社はテレビ局が特定の芸能人の起用を指定してきた場合には、指定された芸能人が所属する事務所と出演交渉を行いますが、メディア企業が指定しない場合はキャスティング会社の裁量でキャストの手配を行います。従って、メディア企業が指名しないキャストに起用されるかどうかはキャスティング会社の裁量によるところとなるのです。そのため、無名の芸能人が露出を増やしたいのであれば、こうしたキャスト手配に一定の裁量を持つキャスティング会社と良好な関係を構築する事が必要不可欠です。キャスティング会社との関係構築は一義的には所属している芸能事務所が行いますが、芸能人本人の努力も必要不可欠なのです。

Copyright© 2018 キャスティング会社との関係が大切~視聴者からの認知度を上げよう~ All Rights Reserved.