事務所を選んで応募する

テレビ

芸能の仕事を目指す

日本には数多くの芸能事務所があります。タレントになるためにオーディションを受ける際は、まず各事務所ごとに異なる方向性を確認し、自分に合う場所を絞り込むのが合格の秘訣です。例えば芸能プロダクションの中にはバラエティタレントに強い場所があります。こうした事務所にモデル寄りの志望者が応募しても効率的には受かりません。応募しようとしている芸能事務所がどのようなタレントさんたちを擁しているのか、事前に確認するようにしましょう。またオーディションを受ける際はできるだけ知名度のある場所を選んだ方が自身の将来に繋がります。タレントとして芸能事務所に所属した後はマネジメントしてもらえるだけでなく、様々な仕事のオーディションを持ってきてくれます。大手の方が有名な番組に強いコネクションがありますので、チャレンジできるオーディションの幅が広いのです。また名のある事務所に所属すれば、デビュー後に積極的に売り出してもらえるのも大きなメリットです。オーディションを受ける際にまず大前提として守りたいのは社会人としてのマナーです。遅刻は厳禁ですし、言葉遣いで失礼にならないように気をつけましょう。またオーディションでは身体のラインが隠れるような服装を着けないのが一般的ですが、肌が露出しすぎいるような格好は審査員に良い印象を与えません。こうした点に注意すると同時に、個性化された自己PRを心がける必要があります。経歴や特技で人にはないことをアピールできるようにしましょう。

Copyright© 2018 キャスティング会社との関係が大切~視聴者からの認知度を上げよう~ All Rights Reserved.