子供の可能性をのばす

子供

事務所によっても違いがある

我が子の才能をのばしてやりたいと思うのは親として自然な感情です。子役のオーディションを受けさせることで、子供の新たな可能性をのばしてやりたいと考える親も多くいます。子役を目指すときに受けるオーディションとしては二種類あります。事務所に所属するためのオーディションと、映画やCM、ドラマなどに出るためのオーディションです。いきなりドラマ出演などをかけたオーディションにでるのも不可能ではありませんしそこからデビューする子役も実際いますが、現実的には事務所に所属してから応募するという形が多いです。事務所に所属することで、各種レッスンを受けさせてもらえたり、チャンスが多く巡ってきたりするので、本格的に子役として活動したいのならば事務所への所属を考えるとよいでしょう。オーディションに応募する前に、まずは事務所を選び入所オーディションを受けなければなりません。事務所を選ぶときは、所属にかかる費用、知名度、所属する子役の種類と活躍の仕方、どのようなレッスンを受けさせてもらえるのか、事務所はどこにあるのかなどを総合的に勘案して選びましょう。知名度が高いほどよいというわけではなく、子供との向き不向きがあります。かわいい子供や整った顔立ちの子供ばかりが求められるわけではなく、多様な子供が子役として求められているので、仮に落ちたとしても目線を変えて別の事務所を受けてみればうまくいくこともあります。幅広く情報を集めて比較するとよいでしょう。

Copyright© 2018 キャスティング会社との関係が大切~視聴者からの認知度を上げよう~ All Rights Reserved.